2016年04月12日

黒点病の予防法・・・

黒点病の予防法・・・四季咲き性の高いバラは、遺伝子レベルで黒点病を持ち合わせています。枯死するような病気ではありませんが、葉っぱが見苦しくなったり、落葉したりします。通常は、葉面散布で予防駆除しますが、今回は、別の方法をご紹介します。通常は、葉っぱに目に見えて現れますが、目に見えない体内(幹や枝)や土中にひっそりと存在しています。この時期に500倍に水で薄めたTPN水和剤を土に撒きましょう。鉢バラであれば、下からにじみ出るぐらいが良い量です。土壌を殺菌して、根から吸収して体内の黒点病菌を退治することができます。すとろべりぃあいすバラ園では、お薬の販売・出張薬剤散布も応じております。
posted by すとろべりぃあいすバラ園 at 10:02| 今週の裏ワザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする