2016年03月29日

バラの紹介

H28・3/25バラ.jpgDelbard作 2014年 フランス産 
花径10センチ、やさしいピンクに白の絞りが入るユニークなバラです。カップ咲きからロゼット咲きになるクラシカルなバラでフレンチモードたっぷりです。明るい緑の葉と相まって、とても存在感のある株となります。直立性のブッシュタイプで樹高は100センチから120センチになりますので地植えのボーダーローズ(バラの生垣)として数輪並列に植えたり鉢植えにしてウェルカムローズで楽しむことも出来ます。耐病性が極めて強く初心者でもよく育ちます。花名は画家マルク・シャガールに捧げられました。
posted by すとろべりぃあいすバラ園 at 15:12| バラの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バラクキバチにご用心…

バラクキバチにご用心…この時期3〜4匹で団体行動して産卵しにくる害虫です。全長1センチ弱くらいの蛟とんぼのような形で、新しく伸びてきたシュート(新梢)の先端から7〜8センチのところからダランとたおれて先端部がしおれます。対処法は、切り戻してから予防を兼ねて薬剤散布を10日に1回します。耐性が出た場合は、特効薬をお出ししますので、ご相談下さい。
posted by すとろべりぃあいすバラ園 at 15:11| インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

オール・メリー

H28・3/18バラ.jpgムーア作 2015年発表 アメリカ

 純白の花径4センチの小輪の花は房になって咲きます。混じりけのない緑の葉とのコントラストも美しく、株いっぱいに花が咲くので鉢で他の草花と混植しても楽しめます。病気に強く丈夫なバラで初心者の方にもオススメです。樹高は70センチまでのコンパクトタイプ、四季咲きですのでいつも笑顔をたむけてくれる…そんな愛らしいバラを育ててみませんか?
posted by すとろべりぃあいすバラ園 at 10:46| バラの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

セシル・ドゥ・ヴォーランジェ

H28・3/11バラ.jpg木村卓巧作 2011年 日本

 フリルがかった淡いピンクにクシュクシュとした花弁が愛らしく、中心部にはグリーンアイがのぞきます。個性的で美しいロゼット咲きの花は心を奪われてしまいます。病気に強く育てやすいので、初めての方にもオススメです。樹高は100センチ、四季咲きで鉢栽培でもOK。
posted by すとろべりぃあいすバラ園 at 10:29| バラの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリルがかった淡いピンクにクシュクシュ

フリルがかった淡いピンクにクシュクシュとした花弁が愛らしく、中心部にはグリーンアイがのぞきます。個性的で美しいロゼット咲きの花は心を奪われてしまいます。病気に強く育てやすいので、初めての方にもオススメです。樹高は100センチ、四季咲きで鉢栽培でもOK。
posted by すとろべりぃあいすバラ園 at 10:28| インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

ピンク系四季咲き大輪種で最も病気に強いバラ。

H28・3/4 バラ.jpgウェディング ベルズ コルデス作 ドイツ産 2010年作出

 ピンク系四季咲き大輪種で最も病気に強いバラ。樹勢も強く、黒星病、うどんこ病に強いので初心者の方にオススメです。丸弁高芯咲きで外弁は剣弁となり、バラらしい花型。花径は13〜15センチと見ごたえのある大輪。四季咲きで樹高は150センチ、鉢栽培でもOKです。
posted by すとろべりぃあいすバラ園 at 09:58| インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

しののめ

H28・2/26バラ.jpg2014年作 日本産
 静かな明けがたの予感。夏の夜に少し横になったかと思うとすぐにホトトギスのひと声が聞こえ、夜が明けはじめる。「古今和歌集」紀貫之の詠んだ和歌のイメージより命名されました。ピンクがかる淡い杏色の花径6〜7センチの波がかる花は平咲き。花弁数は少なめですが花立ち良く、次々と咲きます。樹高は120センチ程で鉢栽培もOKです。
posted by すとろべりぃあいすバラ園 at 10:55| バラの開花状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の作業のシーズン到来…

冬の作業のシーズン到来…強剪定、つるバラ誘引仕立て、寒肥え、土壌改良、鉢替えの適期になりました。寒い時期ではありますがバラにとってとても大切な作業です。花数を3倍にして、シュート(新梢)の発生促進、病害虫カビ、および越冬卵の一掃。晩秋までの花あがり、株の世代交代を促すために冬の作業を行いましょう。
posted by すとろべりぃあいすバラ園 at 10:54| インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする