2015年11月24日

マルク・シャガール(フレンチローズ種)

20日付バラ.jpgDelband作
2014年 フランス産 
 花径10センチ。やさしいピンクに白の絞りが入る大輪花。カップ咲きからロゼット咲きになるフレンチ・モードの趣きをそなえたバラ。明るい緑の葉と相まって、とても存在感のある株となります。直立性のブッシュタイプで、樹高100センチと鉢植えにも向きます。耐病性が極めて強く初心者の方でもよく育ちます。花名は画家マルク・シャガールより。香りすばらしく桃とローズの香りが素敵です。切り花育種で絞りに定評のあるデルバールが、印象派の画家たちへのオマージュとして捧げ作出した四季咲きがデン用ローズです。


posted by すとろべりぃあいすバラ園 at 10:44| バラの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モッコウバラの剪定はお早めに…

モッコウバラの剪定はお早めに…モッコウバラはご存知のように、来春まだ他のバラが固いつぼみで花をつけていない4月末頃から咲いてきます。とても早咲きバラなので、なるべく早く冬の作業をしてしまいましょう。とくに剪定が遅れてしまうと花芽を直接切って落としてしまう事になるからです。またモッコウバラはメインの枝から直角に横に伸びた7〜8センチの短い枝にも花をつけますので、この位置の剪定が重要になります。またシュート(新梢)の先端にも花をつけますので、新しい枝と古枝をハーフハーフにして選別剪定し、寒肥え、マルチング土壌改良するのがたくさん花をつけるコツです。出張剪定、冬の作業応じております。
posted by すとろべりぃあいすバラ園 at 10:41| 今週の裏ワザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。